16 September, 2016

写真会議




カメラマン5人と編集者1名の6人で写真を展示しています。





メンバーは写真家、Photographer、カメラマンと呼び名はいろいろですが、普段、仕事で写真を撮っている方と、仕事で写真を扱っている編集者。
基本的にカメラマンってひとりで現場に入ることがほとんどで、縦のつながりも横のつながりも出会いもあんまりないもんです。時々、ファミレスや居酒屋に集まって、仕事の話、現場の話、お金の話、機材の話、家庭の話、ノンジャンル、オールジャンルで情報交換していたのですが、やっぱり集まるとそこはフォトグラファー、写真ってさ、とそれぞれの哲学が見えてきたりして、いつも現場でひとりぼっちだから、そういった写真への思いを言いあえる先輩や仲間との時間は本当にかけがえなのない楽しいもの。

で、今回、場所変えて呑もうか(w
ということで、写真を眺めながら、続きをしようじゃないか、という企画だったりします。

仕事の写真、趣味の写真、普段撮っているものも、扱う媒体も違うメンバ−6人。いろんな人がいて、いろんな写真があって、でも写真を通して世界を見ている。もっとバラバラな印象の展示なるかと思いましたが、昨日、設営を終えてみると思った以上に「写真展」です(笑

また会場では、「3分動画」としてフリーテーマでそれぞれが撮ってきた3分間の動画を流しています。これがまたなんというかその人の映像、写真への姿勢というか、おもしろがり方がにじみ出ていてジワジワきます。

気軽に、ビールでも片手にお立ち寄りください。


ちなみにぼくは今回は猫ではなくて、「Days off」というテーマです。







Days off  …   休日、休暇 

写真を撮っている。仕事で。被写体の魅力を最大限に引き出して、少しでも伝わりやすいよう構図や光を工夫して撮っている。仕事で写真を撮る時は「カメラマン」スイッチがオンになる。なにか特別なセンサーが働くとか、必殺技が使えるようになるわけではなくて「カメラマン」という役を演じている、といった方がいいかもしれない。撮影は不定期で、毎日、現場が変わり、スタッフやチームも毎回違うことが多いため、いつも初めての場所へ出かけていく心持ち。その中で、ブレずに自分の仕事を遂行するためのスイッチだ。誰もが、学校や職場、家庭、それぞれの居場所でそれぞれの顔を持つように。

「休みの時は写真を撮らない」というカメラマンも多い。気持ちはわからないでもない。毎日仕事でカメラを持って、何千回というシャッターを切っているんだもの。お休みの日くらいファインダーはのぞきたくないよ、というのももっともだと思う。でも、ぼくは肩からカメラをぶら下げて出かけてしまう。どこへ行くにも。あのスイッチはオフだ。被写体の魅力や、伝わりやすく効果的な構図も狙わない。撮りたい、おもしろい、美しい、切ない、いろんな心持ちはあれど「あっ、いまだ」という時がある。自分のために撮っているのかもしれない。

写真って本来プライベートなものだと思う。そして、もっともっとプライベートなものであっていいのではないだろうか。誰かの見た景色、心象が、全く別の誰かの記憶やイメージとリンクする。それもまた写真のおもしろさだと思う。そもそも自分の撮った写真すら数年後に見返すと、あの時の自分はもういない。今の自分とよく似て違うあの時の自分が見ていた景色を、写真を通して共有しているのかもしれない。写真というものが記録しているのはどうやら景色だけでないようだ。


そんなカメラマンスイッチの入っていない写真を。
ぼくの休日の写真をごらんください。



2016年9月
巢山サトル








お待ちしています♪


10 September, 2016

安曇野でやってます

Rd,seseragi Azumino NAGANO


安曇野で久しぶりに写真を展示しています。


 以前、安曇野わんだぁえっぐにて開催したテント展、あの時は川のほとりでしたが今回はお山の麓。当時の写真から新しいものを加えて新たにプリントし直しました。

 そしてコミュティカフェというスタイル、コンセプトがおもしろい。シャロムのスタッフさんのブログを拝見すると、2016年7月からリニューアルしてオープンしているセルフカフェで、カフェ、レストランでありながらも、居場所としての空間、交流の場所としてそこにあるようす、哲学のあるカフェです。


 もちろん小難しいことを考える必要は一切なくて、風と、木漏れ日の中、そこにいるだけで心地よくなれる場所。ゆっくりノンビリしにきがてら、ぼくが出会った猫たちに会いにきてやってください。

 以前から、いろんなところでシャロムヒュッテとつながりのある方に会う機会が多く、あれ、これはなんか呼ばれてるかも?(w と思いつつ、訪れることができなかったので、今回、ご縁をつないでくださったみなさんに感謝です。
 今回は在廊する時間がとれそうになく、シャロムで自分の写真を眺めながらお茶を飲む、という贅沢ができなくて本当に残念ですけれど...。

シャロムヒュッテ併設のコミュニティカフェ シャロムにて、9月8日(木)〜19日(月・祝)まで。



巢山サトル写真展「ソコニイルコト  〜 猫の目 ぼくの目 〜」


コミュニティカフェ シャロム

ランチ 金・土・日 11:30-14:00
カフェ 毎日    11:00-17:00
tel 0263-83-6245
長野県安曇野市穂高有明7958




ひみつ基地

010@Pension himitsukichi


8月、終わっちゃたね。(いまさらですが)今年の夏は慌ただしい夏でした。前半は充実した夏合宿二本。後半は立て続けに来る台風にスケジュールを大きく狂わされて、天気にらめっこ、スケジューリングに苦心する日々でした。



001@Pension himitsukichi



そんな8月後半、2か月前から「ここは夏休み!」としていた日に、家族で栃木県那須高原へ行ってきました。目的地は「ペンションひみつ基地」。じつはこのお宿、ここだけのはなし、猫のいる宿です。



004@Pension himitsukichi

まず出迎えてくれたのが、チャッピー!ドライブ大好きな旅猫。宿内ではドシっと構えて泰然自若。子どもが来ても、食事時になってもだいたい寝てます(笑



005@Pension himitsukichi

そして、まだ1歳4ヶ月のやんちゃ盛りの しろた君。
なににでも興味津々のお年頃で、あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。客室パトロールも欠かせません(w


003@Pension himitsukichi
宿の猫、紅一点の とらみちゃん。しろた君にはない落ち着きと気品があります。

 

 三匹が迎えてくれるペンションは、緑の深い森の中。小川の流れのすぐ横で、木漏れ日がキラキラしてとても心地の良い空間。露天風呂で森林浴しながらひとっ風呂。呑める方にはお銚子一本、子どもたちには麦茶の徳利一本サービス♪
 じつはお宿のオーナーさん、ひみつ基地の前身はなんとバイク屋さんという生粋のバイク好き。奥様ともにセロー乗りというお二人で、YAMAHAセロー225を語らせるとすごいです。海外バイクツーリング女子の先駆者的存在でツーリングマップル関西版担当ライダーの滝野沢優子さんもよく出没しているという、ライダーにも理解あるお宿です。

夕飯後には囲炉裏を囲んで炭火で焼いたお餅でおしるこ、大人は栃木の地酒天鷹をいただきながら、ネコ談義、バイク談義。

夜、鍵をかけずに部屋のドアを少し開けておくと三匹が順番に見回りにきます(笑)気に入ったものがあると持っていかれます(w
 うちはネコのいない暮らしになって2年。久しぶりにネコと暮らす時間を味わえました。なかなか予約の取れない人気の宿ですが、ネコ好きさんにはオススメですよ〜。ネコ好きライダーはいかない理由が見当たらないです♪



002@Pension himitsukichi


 007@Pension himitsukichi008@Pension himitsukichi



006@Pension himitsukichi
天気がいい日は、ウッドデッキに近所の猫ミミちゃんも登場。



 那須高原へ遊びに行ったのは初めてで、那須どうぶつ王国のキャットショーやバードショーに驚き、皇室御用達のイタリアンでピザを食べたり、ハンモックカフェでお昼寝したり、牧場でソフトクームを食べたり、高原の夏休みを満喫でした。東京から二時間弱という距離感もちょうどいいよね。
 子どもたちも大満足だったようだけど、、、今度はペットロスならぬひみつ基地ロス。また行きたーい!と猫と暮らしたーい!の高ぶる気持ちに押しやられるかたちで、なぜか、うちに新しく家族が増えました。ハムスターですけど(苦笑
 パパも、バイク暮らししたーい!ツーリング行きたーい!って、こっそりバイク買っちゃいたいなぁ(w


楽しかったけど、終わっちゃたね、夏。


















20 July, 2016

35mm

_DSC9830



 休日ドライブ地図、2016年改訂版、発売中です。前回のエントリーで書いてた五月の旅は、ほぼこの取材。取材期間中、ず〜と晴れてた、慌ただしくも気持ちのいい取材旅行でした。

 ドライブ地図なので縮尺は1:200,000と広めですが地図中に観光地情報や見どころの書き込みが満載です。今時、ネットで情報調べてカーナビに目的地を入れて、といった方が多いかと思いますが、地図を眺めながら「あれ?温泉の近くに牧場あるよ!じゃ、ソフトクリーム食べて、その次ここの道の駅でお土産買って〜」と計画を立てるのが楽しくなる地図です。コンビニなどにも出てますのでお手にとって見てください〜。

 それからそれから、NHK出版 きょうの健康8月号が発売中です。今回の町歩きは仙台。仙台駅から歩ける範囲ですが、街路樹の木漏れ日が素晴らしく、広瀬川沿いも緑豊かでとても素晴らしい景観が続きます。仙台は暮らしやすいだろうなぁ、憧れます。もちろん途中には伊達政宗の墓所、瑞鳳殿や仙台市博物館など見どころもたくさん。青葉城址からの仙台駅周辺一望はやはり気持ち良い。帰りはアーケードで宮城の旬を地酒で一献。取材だったけど、自分も休日の町歩き、堪能してまいりました。



きょうの健康201608



 五月の旅から色々あって、六月は天候に左右されながら恒例の東北行脚ではじめての奥会津を巡ったり(会津もすごい居心地いい!道がとにかく気持ちいい!ツーリング&ドライブにイチオシです!)七月には、はじめての写真講師。人に写真を語れるほどの自分ではありませんが、人に何かを伝えようとすることは、自分自身の理解の浅さを見つけることでもあり、とても学びの多い体験でした。

 先週末は大学時代の友、秋元紗智子さんのレコ発Liveにお邪魔しました。学生時代からバンドなども含めて不定期ながらもずーっと信州で活動を続けてきている彼女、同じ写真屋さんの仲間でもあった彼女は卒業後、和尚さんのところへ嫁ぎました。お寺の嫁として、妻として母として、そしてシンガーソングライターとしての彼女の日々が、続けてきた営みが、素直なピアノの旋律にふわりと乗っているようで心洗われます。和尚さん、お子さんと一緒に家族で上京しみんなで参加している感じが何とも彼女らしくて微笑ましい。NEWアルバム「smilin'」は、うちで娘たちも一緒になって歌っていて、おかげで僕も気づけばずっと口づさんでいます。こちらから試聴もできるので、ぜひぜひ聴いてみてください。心地いいです。これ、みんなの歌とかピタゴラスイッチで流してほしいなぁ(w





 で、ありがたいことに巣山は明日からしばらく忙しくなりそうです。ヘコタレていると思うので、暇になったらまた遊んでやってください。

夏が来るね。



Flower of the roadside


Friendly dog


写真はどれも35mm。お散歩カメラには以前は50mmをつけっ放しだったけど、最近は35mmが丁度いい。なんだろうね。年かな(w

23 May, 2016

五月の旅

Shoe shelf


旅に出ています。

と、いっても取材の旅。慌ただしく移動、移動、また移動の連続。いろんなところへ行けるのは嬉しいけれど、もう少しゆっくり堪能したいところです、が、それはそれ。後ろ髪を引かれるから、いつだってまた来たいなって思うもんなのかも。
それにしたってここのところ、ず〜と晴れ続き。地方取材で天気がいいのは本当に有難いことで、なかなかこれだけ晴れが続く長期ロケも珍しいのです。次はきっとこうはいかない、と思いつつ、いや、ありがたいんですよ、ほんと。でもね、これが当たり前だと思われて「巣山さん、今回もよろしく〜」といわれてしまうのも、また辛いところ(苦笑 

天気ばかりはどうにもできないからねぇ。ロケを必ず晴れにする魔法は、晴れているところへ行くしかないからなぁ。

写真は昨夜、泊まった信州松本の銭湯、塩井の湯の靴箱。ロケ終えて一杯飲んで(昨夜は士官学校でいいお酒いただいてきました)、帰りにひとっ風呂は最高でした。