04 January, 2017

雪の小谷村

Winter river


Winter mountain


今年の年末年始はおだやかであたたかった。過ごしやすいのはいいのだけれど、雪のない信州はやっぱり寂しい。ということで、雪を求めて北へ。例年、大町から北へいけばだいたい雪が道路脇に積み上がっているのだけど、今年は仁科三湖を過ぎても白馬に入っても雪が少ない。小谷村に入った頃からようやく道路脇が白くなりはじめて、糸魚川市に入ると一面、雪の世界となった。目指したのは長野と新潟の県境、北小谷村小網集落。



Scenery in snow melting water


Winter corner mirror


Tororo Soba


A man who makes coffeeAt the kitchen, with mum


 訪ねた先はつちのいえ。二年前、鹿の皮を鞣すワークショップでお世話になった「くらして」のみなさんへ会いに。忙しい年の瀬に突然、しかも昼時にお邪魔しに伺ってすみません。ちゃっかり美味しいお蕎麦を頂いて、珈琲をドリップしていただきました。ありがとう。




Light on snow


Sunlight through snow tree


 今年はまだ雪が少ないとはいえ、やっぱり雪に覆われている大網集落。昨夜降った軽い雪が日差しに反射してキラキラと輝いている。雪のある場所での暮らしは楽ではないことは想像に難くないけれど、やはり、ただただ美しい。しばらく写真を撮ることも忘れて言葉をなくして立ち尽くしてしまう。

 また、この冬の間に訪ねに行きます。 








01 January, 2017

あけましておめでとうございます。



HappyNewYear2017


あけましておめでとうございます。

昨年は、ほんっとにいろんなものが壊れて直す一年でした。
修理、交換、オーバーホール、メンテナンス・・・まさに「甦」の一年。
そんな中でも家族皆、身体を壊さなかったのが、なによりよかったことです。

でも忙しさを理由にサボってきたトレーニング。体重も順調に増えてきているし、
今年も健康第一で、身体を絞って整えることから始めたいと思います。

あ、え〜と、うん、もちろんお正月が終わってからね(W

本年もどうぞよろしくお願いいたします!




13 December, 2016

ある冬の日

One autumn day, at an ordinary park


 ある冬の日。普通の公園にて。そんな見慣れた日常に心奪われるお年頃。

 特別なソレや、決定的なアレは、もちろんすごいインパクトで胸に迫る。それはまたそれですごいディープインパクトです。撮れない悔しさや撮りに行かない情け無さを超える勢いで叫ぶ、ぼくにしか撮れないぼくの日常。...まぁ誰も見ないわな、そう、ぼくのためにぼくが撮る写真。

 なんの変哲も無い公園の風景。紅葉の時期で、陽の加減がとてもいい時間で、とても印象的で。
 粘っていれば木の葉舞い落ちる決定的瞬間が撮れたかもしれない。超広角レンズを持っていけば広がる公園の紅葉をもっともっと表現できたかもしれない。
 子どもと出かけた休日の公園で、あぁ美しいな、と思って撮った一枚は、それでいいんではなかろうか、と思う冬の一枚。

「写真なんか撮ってないで、一緒に遊ぼーよ」

 それでいいんではないだろうか、と思う冬の一日。

                                ひとり写真会議中。







04 December, 2016

初雪

Autumn leaves in snow



 今週から12月。先週は雪が降った。観測史上初の早いタイミングで東京にも雪。朝から降り出した雪に嬉々として登校していく小学生たちに負けじとバスで埼玉県新座の平林寺へ。見慣れたバス通りからの景色はすでに真っ白で、ここは信州か?といった西東京の風景。


Red leaf in white

Autumn leaves and snow at Heirinji, Saitama 2016



 到着してみるとほとんどが写真を撮りにきてる人達だった。この悪天候の中、写真を撮るためによくもまぁ、がんばるなぁ。ぼくもその一人だけど。右を向いても左を向いても紅葉と雪、いい構図を探すカメラマンばかり。写真って何だろうねぇ。撮影っていったい。。。と悶々とひとり写真会議をしながら、雪の平林寺を散策。紅葉も見頃ではあったけれど、雪で隠れてしまうね。やっぱり紅葉は陽射しの下が一番美しいと思う。4年前の平林寺の紅葉はこちら




Seasonally fast snow




Autumn leaves and snow



 今年も最後の月になってしまいました。昨年からタイミングよく繋がって、いろいろ慌ただしく動き回ってきたけれど、11月からひと段落。暇になってしまった。忙しい時はオフが欲しいと思いながら、予定が途切れると「この先電話がならなかったらどうしよう」と途端に不安に。本当はこのタイミングで後先考えず旅に出るのがいいんだけどね。仕事はないけどいろいろあって今はちょっと動けない。
 このタイミングで、メインカメラの不調に気付き、メインレンズもガタが出て、メイン三脚のギアが壊れ、ストロボの発光不良と立て続けに壊れだした。思えば今年は、壊れる年でした。自宅居間のエアコンが壊れ、洗濯機が壊れ、ウォシュレットが壊れ、台所の蛇口からは水漏れ、車は飛び石でフロントガラスが割れ、不注意でバンパーを擦った。ブレーキ交換に冬用タイヤも夏用タイヤも合わせて8本新調。まぁ、消耗品は仕方がないけれど。ここにきて撮影機材もガタガタと。カメラとストロボは、サービスセンターにオーバーホールを頼んで、壊れた三脚は部品を取り寄せて自分で修理して。今年を一文字で表すとぼくは「壊」だろうか(苦笑)いやいや、タイミングは重なったけれど壊れゆくものを整え、直し再生しているのだから「甦」としておこう。

 さあ、あとひと月。もう何が壊れても驚かないけど(笑)自分の身体だけは壊れないよう、このお暇の間にしっかり休めていろいろ漲らせていかないと。
 まずは仕事場の掃除からだな。さてさて。

23 November, 2016

銀ブラ

Winter Sunday at Ginza Tokyo 2016



 日曜日、カメラのメンテナンスへ銀座ニコンへ。なんとなく思い立って家族も一緒に銀座へ。人混みが苦手な我が家では都心へあてもなく出かけるのは稀なことですが、天気の良さと暖かい陽気、それと12月を前にした華やいだ雰囲気に誘われて、銀ブラ。

 平日の銀座は碁盤の目となったどの通りも車と人で溢れているけど日曜日は歩行者天国で、広々した通りも路地も車がいなくて開放感。子ども達も「えー、ここ歩いていいの?ほんと?ほんとに?」って(笑
 デパートのウィンドウも、本屋のラインナップも12月を前にしてXmas仕様に変わってキラキラしてる。やっぱり人混みは苦手だけど、この季節の日曜の銀座を歩くと、東京もいいもんだなぁ、なんて。
 いつもの三原のラーメンも日曜はお休みだけど、いつもよりちょっとおしゃれな中華でランチを美味しくいただいて、絵本をたくさん見て、伊東屋でお絵かき用の画材をたくさん見て、夕暮れまで堪能してきました。

 そうそう、ぼくの目的だったカメラのメンテナンス、Nikonのプロサービスは日曜定休です(w
 翌日、一人でまた銀ブラしてきました(苦笑
 予報では今夜から下り坂。東京でも珍しく11月の降雪があるかも、と。


いよいよ冬がやってくるんだね。